活用事例

mycrewを導入している企業・団体様の活用事例をご紹介します

導入事例:バーチャルイベントツールからのmycrewへ乗り換え導入 - 株式会社デスケル様

 神奈川県相模原市に本社を置く株式会社デスケルは多くのナショナル企業との直接取引をしている実績もあるデザイン会社です。新型コロナウィルス蔓延による緊急事態宣言が出た後、フルリモートでの働き方に移行し、別のバーチャルオフィスツールを利用する中でmycrewを見つけて導入を開始していただきました。

お話を聞いた方のご紹介、会社概要

f:id:mycrew:20211223150509p:plain

株式会社デスケル様

お話を聞いた方:楠 侑磨様 Board Member / Art Director

2007年多摩美術大学美術学部GD学科卒業。
在学中にBYSPICE designを立ち上げ、グラフィックデザインやWEB制作の仕事を始める。
2011年TRIAND Inc.設立。取締役に就任。
スタートアップ支援のアートディクション、力強いグラフィックデザイン、新規事業の企画立案・アイデア創発の仕事を担当。

株式会社デスケル(DSCL Inc.)https://dscl.jp/

「デザインの可能性を広げる。デザインで明日を広げる。」

株式会社デスケル(DSCL Inc.)は神奈川県相模原市に拠点を置くデザイン・ウェブサイト制作会社で、多くのナショナル企業との取引があり多数のデザイン賞を受賞しているプロ集団です。

mycrew導入の目的

新型コロナウィルス蔓延により全社員がリモートワークを行うフルリモートの働き方に移行しました。
フルリモートに移行後、リモート・イベントツールRemoを利用していました。しかし、Remoはリモート・イベントでの利用を念頭においたサービスだったため、バーチャルオフィスツールとしては使いづらい部分があることが課題でした。

mycrewを知ったきっかけ

リモートでの仕事をより快適に行うためにRemoから乗り換えが可能なバーチャルオフィスツールをWeb上で検索して、継続的に探していました。
シェアNo.1のバーチャルオフィスなどその他のバーチャルオフィスツールも試したのですが、mycrewをトライアル利用する中でUIがシンプルで使いやすいことが決め手となり、正式導入に至りました。

リモートワークにおけるコミュニケーションの課題

フルリモートでの働き方に関しては、Remoを使っていたことからそこまで課題に感じることはありませんでした。
Remo自体はリモート・イベントツールであるということからバーチャルオフィスツールとしての機能が不足していることが課題でした。例えばステータスを共有する機能がなかったり、会社のメンバー数に対してフロアが大きすぎるという部分が使いづらいと感じていました。

mycrew導入後の利用方法

デザイナー、ディレクターがメインのメンバーで社内会議を行うためにmycrewのオンライン会議を利用しています。

テレワーク時にmycrewのルームに入って会議を行う機能をメインで使っており、会議に参加していないメンバーも誰と誰が会議をしているかが一目瞭然になるので、社内のコミュニケーションが円滑になりました。

mycrew導入後の効果

mycrewはRemoと比較して、UIがシンプルで使いやすいことに満足しています。また、デスクトップアプリがあるので、ブラウザで利用するサービスと比べて利用しやすい印象があります。ブラウザアプリだとブラウザを選択してタブを移動する必要があるため、確認する頻度が減ってしまいますが、デスクトップアプリがあるとアプリを切り替えるだけで利用できるため、非常に便利だと感じています。
加えて、以前利用していたRemoに比べてオンライン会議の画質が良いので、そのあたりも切り替えたメリットだと感じています。

今後のmycrew活用方法に関して

当社では今後もフルリモートで業務を行っていく予定なので、mycrewを活用していきたいと考えています。mycrew上で会議を行うことが多いので、会議中に他のメンバーを招待できる機能があるとより使いやすいと思います。
また、Voiceフロアも使っているのですが、声が聞こえる範囲が広すぎることから、複数グループに別れて会話をしていると別グループの声が結構聞こえてきてしまう部分は改善してほしいと思っています。

 

(編集部より)

mycrewの利用状況に関してフィードバックを頂き、誠にありがとうございました!
会議中にメンバーを招待できる機能に関しては、今後開発していきたいと思います。また、Voiceフロアの仕様に関しても今後ブラッシュアップを進めて、使いやすいサービスにしていきたいと思います。